FC2ブログ
駄目オタ徒然草
 レビューを中心にご覧になりたい方は、カテゴリーの月別インデックスをクリックすれば、一覧表示が見られます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ミステリー電車男」(映画評:電車男)
「電車男」東宝 6月4日公開
監督:村上政則
出演:山田孝之 中谷美紀ほか

 ひっじょ~に、言いにくいのだが、だめだ…こりゃ。

 多分、テレビの2時間ドラマ枠でやっていたら、「お、なかなかよくできてるじゃん」で、終わっていたのだろうが、金を払って、あまつさえパンフレットも買ってみるには値しないと、感じた。

 まず、物語のディテールづくりに失敗している。原作(というか、その元の2ちゃんねるログ)が持つ、特殊な用語や、お約束をなんの説明もなく使って、一般人に分かるのか? 逆に、それが中途半端に使われているため、原作を知っているものにとっては、聞きかじりの羅列に見えてしまう。

 例えば、イベントごとに現れる戦場描写は、そこが「男たちが後ろから撃たれるスレ」だからであり、唐突にその背景も出さずに、このシーンを入れても、実に「 ( ゜Д゜)ポカーン」である。
 また、電車君が、「qあwsでfrgtyふじこlp;:@」と打ち込んでしまうが、実際にあわててそんなことを打ち込むやつはいない。
 マニアックな言い方をすれば、電車君の部屋のディスプレイにしても、ただフィギュアを並べればそれでオタク部屋になるという認識がちょっと痛い。

 また、エピソードの挿入の仕方が間違っている。間違っているという言い方が悪ければ、そこだけそのままなぜ「ログ」そのままの台詞を言わせる?
 ログの中でエルメスの台詞として書き込まれている「あんまりその気にさせないでください」や、「わたしにはもてもてですよ」にしても、それは電車くんのフィルターを通して、ある意味翻訳された台詞であり、膨大なログ全編を通じて形作られるエルメスのイメージから、そこでそれはいわんだろうというものだと思う。
 そこだけ台詞が浮いているのだ。そんなことになるなら、いっそ、ログの台詞は無視していいと思う。そうでなければ、その台詞は、原作を知っているものにとっては「感動」ではなく、「失笑」の種になり、知らないものにとっては「唐突」に思えるだろう。

 そして、この作品の最大の失敗は、電車男を「そのままの形で」果たして映像にできうるのかという点で、根本から誤解をしていたということにあると思われる。
 電車男のおもしろさは、それがリアルタイムでつづられているときには、能動的参加者の「プレイヤー的歓び」と、消極的参加者の「観客的歓び」の相乗効果にあったと思われる。グラウンドにいる能動的参加者は、コーチングをしたり、自ら素振りをして見せたり、電車くんと一緒に走ってみたり。消極的参加者にしても、それらの行動を観客席から見てわくわくしながら、ときに「歓声」をあげるがことく、瞬間的に書き込みをする。ある意味ネットゲーム的楽しみがあったのだろうと推測される(この辺は、知り合いの"紅雷さん"が、彼のブログで僕のつけたコメントに、的確な指摘をしている。彼の指摘で、この辺の認識を得た)。
 また、まとめサイトや出版物のおもしろさは、いわゆる実況記録を読む楽しさであり、あたかもその場にいるような臨場感が、読者を引きつけるのだと思われる。そこには、ログの選別という編集はされているが、事実の演出はない。まあ、結果の分かったプロ野球の結果を、それでもニュースのダイジェスト映像を見て楽しめるメンタリティーの人には、よく分かると思う。

 ところが、映像化については、どんなにがんばっても、「演出」が必要であり、ログの中ではAA(アスキーアート)でしかなかったキャラクターたちを、実際の俳優に割り振らなければならない。いや、AAですらない「名無しさん」に顔をつける必要が出てくるのならば余計に問題は深刻である。
 また、前述のように参加型の楽しみというものが、一切奪われた「映画」という表現技法の中では、スクリーンの向こうに観客を受け入れるスペースはない。ところが、この物語のおもしろさは、電車君がモニターを通して、愚痴ったり、相談したりを、モニターの(あるいは原作の)こちら側に、アプローチをしてくる点にある。とすると、物語としてのスクラップアンドビルドをしないで、この話を映像化することは、この物語の「おもしろさ」だけを切り離すことに他ならなくなる。

 ネットを舞台に恋愛を描いた作品(当時はまだ、パソコン通信の時代だった)としては、森田芳充の「ハル」という傑作がある。例えば、この作品の中で語られている物語が事実だったとしたら、当事者以外には、なんのおもしろみもない物語である。しかし、作品としては、心穏やかなときめきを感じさせてくれる。
 そう、もし、電車男を映像化するのなら、この作品にヒントがあるのかもしれない。実は、電車男の一番おもしろみがないエピソードを拾い集め、電車君とエルメスの物語に再構築した作品(2ちゃんを中心とした物語にする必要はない)なら、たとえ「こんなの全然別の話じゃん」という批判が挙がったとしても、それ自体は、おもしろい物語になると、僕は思う。

 そういう意味で、一つだけ、あの最後の定期券のエピソード。あれだけは、秀逸だった。あの路線で、できなかったかなぁ~。

p.s.
 言い忘れた。悪いが、映画で山田孝之が演じる「オタク男」、いやそれじゃ、まるで「社会不適応者」そのものですがな^^; 残念ながら、オタクは、そのコミュニティーの中では、ちゃんとコミュニケーションもとれるし、自己判断もできます。彼らは「仲間内」に自らをアピールするために、ごく限られた範囲での知識を掘り下げるために、日夜努力しているのですから…。
 いや、別に彼らを擁護しているわけではなく、その辺のディテールづくりから、そもそも誤解があるのではと、そう思った次第でして…。

 まあ、やっつけ仕事だから仕方ないか…。

pp.ss.
 あと、最後の番宣シーン、あれ、どうなのかなぁ~。とっても「いや~ん」な気分で、映画館を出ましたよ…。
 全文を書き終えて、アップしてから、他の人の「評」を見て回ったのだが、意外にというか、信じられないくらい「好意的」な評価が多くてびっくり。というか、それでいいんだろうか? 僕が辛すぎるんだろうか?と、ちょっと不安になった。
 まあ、某感動巨編を劇場で見て、あまりにも荒唐無稽なSF設定に声を出して笑ったことを知人に言ったら、怒られた僕ですから、仕方ないのかもしれないけど、ちゃんと感動するときはするのよ。
 例えば、邦画で言えば「砂の器」(テレビ版はみてまへん)、「鉄道員(ぽっぽや)」は、無条件で「ぐっ」ときたし、洋画なら「シザーハンズ」は、めちゃくちゃ好きだったり…。
 偏ってますかねぇ?

 ま、批評なんて、そんなモンだから、いいんだけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おもいっきり的外れな評論にちょっと失笑>
評論家気取りもいいですけどもっと見る目を養った方がいいのでは?
http://movie.maeda-y.com/
ここはいつもわりかし的確な評論をしている有名評論家さんのサイトで一度いろいろ読んでみて勉強してみては?
2005/07/14(木) 07:05:07 | URL | 酒夫 #-[ 編集]
>言い忘れた。悪いが、映画で山田孝之が演じる「オタク男」、いやそれじゃ、まるで「社会不適応者」そのものですがな

そうですか?「社会不適応者そのもの」でしたか??役柄では会社勤めもしているし、どうしてそのような解釈をなさるのか不思議。そういう偏見に満ちた言葉で括るのはどうかと思いました。
2005/07/14(木) 09:38:24 | URL | 秋子 #-[ 編集]
もうすぐ200万動員ということですが、なぜそれだけヒットしてるか?
私が見た感じだと、名無しさんと一緒に応援したり、電車男の初恋に自分の経験を重ねて涙したりしてましたよ。
宣伝もあまりされなかったし、唯一原作の50万ヒットという冠だけつけた映画でしたが、口コミで大ヒットにつながったようですよ。リピーターも多いようですし・・・
これって、やっぱりいい映画だったんじゃないでしょうか?
あなたの批評、まったく現実にあっていないと思いました。批評は自由だけど、あまりにも的外れで悲しくなりました。
2005/07/14(木) 13:29:22 | URL | 名無し #-[ 編集]
>酒夫さま

 厳しい批判、ありがとうございました。素人が自分の見たものを、感じたままに批評然として公表することは、自分の恥をさらすことであり、失笑を買うことがあることは重々覚悟しております。ですから、こういった批判を受けることも研鑽であるとして感謝しております。
 今回は、特にいま話題になっている作品について(それもかなり辛辣に)書いたので、それなりに厳しいお言葉をいただくこともあるかなと思いましたが、さすがに、早いですね^^;

 さて、「的はずれ」という批判を、ご指摘のサイトを見つつ、つらつらと考えてみました(今回は、当該作品の批評だけを見ながらということで、ご了承ください)。
 まず、私のつたない文章では、ご理解いただけたか、いささか不安ですが、私の批判は、もっぱらこの作品(原作)の「映像化」のアプローチの仕方についてにあります。この点についての、ご指摘の批評家の方の当該評価はおそらく8段落目であり、おおむね好意的であると思われます。特に「名無しさん」を、明確な人間として描くことにより、電車君をとりまく特異な人間関係を的確に表しているとされています。
 加えて言えば、電車君の質問に、名無しさん同士が、意見をぶつけ合い、その議論で電車君が置き去りにされることがあるというような、原作で繰り広げられたエピソードも、名無しさんにキャラクターをつけることで、より物語的おもしろさが加味されたと言えるかもしれません。
 ただ、氏が5段落目で指摘されているように、この物語のおもしろさの一つは、電車くんがネットというバーチャルな世界に、最後まで依存する点にあると思います。
 そうだとすると、あえて、ネットの向こうの名無しさんのキャラクターを固定することは、個別具体的な人間関係を観客に印象づけ、リアル世界の友人関係の模倣・延長を想起させることになり、「見ず知らずのネットの向こう側の名無しさん」に依存するおもしろみを希釈することになると感じました。
 これが、僕の雑文の6・7ブロック目で言いたかったことにつながっています。

 また、氏が12段落目で指摘するように、この映画が「エルメス側」の人たちが見る際に、おそらく受けるであろう違和感については、私の雑文の3ブロック目に書いた違和感(私の場合は、非常に口汚い文章になっているが)と共通することかと思います。

 さらに言えば、氏の批評の中で、6~8段落、11~12段落以外の文章は「電車男」という、原作、あるいはネタ元のログについても共通している賛辞だと思います。私もこの点については全くそれを前提に(脳内であるかもしれませんが)雑文を書き上げました。

 以上が、つらつらと考えたことです。(氏の役者の演技に関しての7~8段落目とのからみは、秋子さんの返答という形で書かせていただきます)。
 氏の批評と比べて、的はずれとなるとすれば、前述した8段落に対する評価の相違と考えますが、この分析も的はずれとなるでしょうか?

 もちろん、批評の体をなしていないという、根本的なご指摘は、甘んじて受け、今後の糧にしていきたいと思います。お気に召さない点がありましたら、是非、またご指摘ください。
 ただ、個人的には、作品批評をする上で、例えば「役者の演技が悪い」「演出のアプローチが悪い」といった、部分的な違和感が、その作品の印象を決定的に悪くし、視聴後の感想が最悪になることは多々あり、そこをあげつらう一点突破的な批評もありかと思いますので、その辺は「批評家気取り」と、おっしゃられたとしても、残念ながら見解の相違と考えますので、ご容赦ください。

 もっとここがこうなんだ、この作品のここがいいんだという、酒夫さまのご意見もお聞かせいただけると、うれしく存じます。

 では。
2005/07/14(木) 14:23:44 | URL | Jey-c #-[ 編集]
>秋子さま

 ご批判ありがとうございます。

 そうですね。少々、言葉の使い方が雑すぎたと反省しております。ただ、会社勤めをしていても隔離したブースで作業し、同僚と口も聞かずに、言われた作業をこなしたら、ぷいと言葉も交わさずに自分のブースに帰る。
 同僚と口をきかないのは、趣味の世界に生きる方なので、その代わりに同じオタク仲間と交流するかと思えば、秋葉原では一人…。
 この人は、一体誰と社会的関係を結んでいるんだろう? リアルではいないの? 

 山田孝之さんの演技では、この辺が必要以上にクローズアップされているようで、どうも納得できなかったのです。

 ログだったか、パンフレットだか忘れましたが、電車男さん(本物だとして)の言によれば、彼にもリアルの知り合いや、友達はいるそうです。そういう人だけど、こと恋愛に関しては、ウブだったから、ネット住人は一生懸命彼を助けようとしたのではないでしょうか? 正確な言葉は覚えていませんが、「リアルでこういうことを相談できる人がいない」という点に、このログの展開と彼のけなげさがクローズアップされたのだと思っています。

 私の原作(ログ)を読んだ印象では、こういった背景があったからこそ、「がんばれ電車」と思えたのですが、この映画では最初からリアルの交渉を閉鎖してしまっているように見えたので(もちろん、あえてそういう演出を行っているのでしょうが)、彼に感情移入しづらく、本文のような言い回しになりました。

 以上のような、返答で御納得いただけたでしょうか?
 もちろん、同意しろなどとは申しません。こんなことを考えて、あんなことを言っていたのだなあと、思っていただければ幸いです。

 ちなみに、中谷美紀さんの演技については、本文であげたような唐突な原作通りの台詞はさておき、電車君に置き去りにされたあと、帰ってしまう演技ときの寂しげな笑顔や、じっと電車君の台詞をまつ仕草など、良かったと思います。

 では。
2005/07/14(木) 14:53:11 | URL | Jey-c #-[ 編集]
>名無しさま

 批評ありがとうございます。

 そうですね。200万人突破ですか…。残念ながら私のような、批判的な人間も含まれていますが(もちろん、見てからの感想です。できる限り、映画を見るときは先入観を省くようにしているもので、見る前には、批評などは「あらすじ」にとどめ、見ないようにしています)。

 さて、「的はずれ」についてです。批評が「現実にあっていない」とのことですが、それは、ヒットしたことについてですか?
 残念ながら、「ヒット=優れた作品」という定式は、こと映画・音楽の世界では必ずしも成り立たないと考えています。
 そうでなければ、北野武の作品があれほど数々の映画賞を取ったり、○○の作品(あなたがあまり好きではないがヒットしている映画・音楽名をお入れください)が、あんなに売れていることはどう説明します?
 加えて、ほとんど「口コミ」で広がったとの分析ですが、残念ながら、この作品はメディアミックスを十分に利用した宣伝が徹底して行われています。テレビや雑誌記事での取り上げ方、主題歌の露出度(ラジオや、テレビであの曲が流れるたびに、必ず「いま公開されている、『電車男』の主題歌です」との、パーソナリティーのコメントがついていることに、お気づきですか?)は、現在公開されているSW3以外のどの作品よりも顕著です。でなければ、この作品の最後にテレビ版の主人公がでてきたりしないでしょ?

 また、「現実」を、作品そのものであるとするならば、具体的にどこが作品の各部分指摘として間違っているのでしょうか?

 名無しさまが、作品を見て電車君を応援した気持ちや、初恋と重ね合わせた気持ちは了解しました。この点について、傷つけることになったのでしたら陳謝します。申し訳ありませんでした。

 ただ、具体的にどこが、どういった「現実」にあっていないか、ご指摘されることなく、単に、「的はずれ」と批判されるのもつらいものです。



 まあ、話題作を取り上げるのは、この様な多数の批判があるので面倒だなぁと思い、あまりアップしてこなかったのですが、やっぱり、こうなりますねぇ^^;
 取り立てて、どうしてもこの批評を見てもらいたいと思っているわけではないので、あんまり否定的意見ばっかり並ぶようでしたら、批評そのものをローカルディスクに移そうと思っています。
 「逃げた」と思わないでくださいね。あなたのお目に触れ、気分を害することないように隠したと、善意解釈してください。
 元来、争いを嫌う臆病者ですので^^;。(ただ単に、めんどくさいだけともいう)。



 さて、本文にも書きましたが、もし、「電車男」に感動されたのでしたら、是非、森田芳光監督の「ハル」をご覧になることをおすすめします。これも賛否分かれる作品ですが、僕は好きです。
2005/07/14(木) 15:43:15 | URL | Jey-c #-[ 編集]
はじめまして
 はじめまして。Jey-cさんの批評興味深く読ませていただきました。実はぼくは、映画版「電車男」は見ていなくて、映画はどんなものだろうかと思いいくつか感想を読んだのですが、この感想がいちばんおもしろかったです。(こんなおもしろい批評がローカルディスクに落ちてしまってはもったいないと思いコメントを書かせていただきました。)
 Jey-cさんの批評、およびコメントを読んで思ったことは、ディテールの違和感を述べられたことに対してなるほどと思ったことと、「電車男」を見る視点によって見方が変わってしまうということです。
 ディテールの違和感ですが、たとえば電車男です。感想を読んだ限りでは、電車男は挙動不審のきらいがあるようです。いくらおたくでもそこまで挙動不審ではない、という感想をあちらこちらで読みました。また服装や、部屋の中のフィギュアという点でも、「おたくという記号」がいかにもと言わんばかりに列挙されていると感じます。いくら2ちゃんねらーでも、たとえば「キボンヌ」や、「がんがれ、漏れ」など、実際の生活で2ちゃん用語をひんぱんに使ったりはしないでしょう。
 映画を見る視点ですが、ぼくが今回想定したのは「住人の視点」と「電車男の視点」です。まず、住人の視点から見た場合ですが、この場合は見方がわかりやすいと思います。おたくである電車男がエルメスと結ばれるよう応援すればいい。基本的には物語のはじめから終わりまで、同じスタンスで見続けて問題ないと思います。ところが、これを電車男の視点で見ると、事態がややこしくなります。まず、自分と同じ側の視点である電車男が、なんかおかしい。同様にエルメスの言動にも違和感を覚える(これは別のサイトで、エルメスの言動が不自然であるという主旨の文章を読んだので)。彼らが三人称(彼、彼女)だったらそれほど気にしなくて済むでしょうが、一人称と二人称(わたし、あなた)だとこうした違和感がクローズアップされることと思います。さらにスレッドの住人に対してもそうです。彼らは、それぞれが素性のまったくわからないひとたちなので、もしそれを忠実に再現しようと思ったら、たとえばエヴァンゲリオンに出てくるゼーレ幹部(姿形は見せず、"SOUND ONLY"とだけ表示される)あたりが適当でしょう。
 登場人物として出てくるスレッドの住人は、もうひとつ重要なことを示唆していると思います。彼らが登場することによって、ぼくたちと住人は切り離され、そこには「観る電車男」ができあがっています。一方、誰もが書きこみ可能な掲示板の中では、ぼくたちと住人が一体となった「参加する電車男」の世界が完成しています。2ちゃんねるやまとめサイトを訪れたひとには「参加する電車男」が真実であり、書籍や映画しか触れていないひとたちにとっては「観る電車男」が真実であることでしょう。大切なのは、このいずれもが本当のことであり、どちらかの電車男が本当でどちらかの電車男がにせものというわけではないということです。ここで必要になってくるのは、ふたつの「電車男」をつなぐ共通の文脈です。自分の見た電車男はどんなものか、同じものを見ても解釈がまったくちがう、パラレルワールドが存在することを認識することが意味を持ってくると思います。
 長々と書いてきましたが、基本的にブログはある程度のマナーを守れば好きなことを書いていいと思うので、映画版「電車男」に対し否定的なことを書いても全く問題ないと思います。さらに言えば、批評というのは作品に対し自分とは違った視点を見いだすのが目的だと思っているので(自分の思っていることと同じことが書いてあるのならわざわざ読む必要はない)、Jey-cさんの文章は批評としても成功したものと言えるのではないでしょうか。
 
2005/07/16(土) 21:58:10 | URL | 沙臣 慎治 #EYdD81Ro[ 編集]
>沙臣さま

 コメントありがとうございました。
 実は、沙臣さまのBlogは、以前から何度か訪問させていただいておりまして「優しい言葉で、文章を書く人だなぁ」と、感心しておりました。僕の文章が、ときに攻撃的で野卑な表現を多用するもので、うらやましいなぁとも、思っておりました。
 できれば、リンクやトラックバックをつけたいのですが、いましばらくは「電車男」がらみで、攻撃的な人がこられるかもしれませんので、彼らをそちらに誘導してしまって、そちらの「穏やかな雰囲気」を壊すことがあっては申し訳ありません。ほとぼりが冷めてから、改めてリンクさせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

 さて、僕の評論の分析と沙臣さまの批評、じっくり(本家の方も含めて)読ませていただきました。最初は「見ていないのに批評?」とも思いましたが、実に適格に分析されている点に、なるほどと思う点が多々ありました。
 その中でいくつか。

 まず、SoundOnlyのアイディアです。これは僕もそれが適当かと、一度は考えたのですが、やはり映画という映像メディアで、これは結構きついですよね。
 ただ、本文にもあげておいた「ハル」ですが、こちらは、チャット画面の背景に、確か夜景や風景(物語と関係のある場面です)を使っていたと思います。この演出が、まだ見ぬチャット相手に対するチャット主(主人公)の心情を、うまく表現していたと記憶しております。
 もちろん、酒夫さんに対するコメントに書いているとおり、キャラクターをつけることで、できる表現もあるので、これは表現者の裁量で、僕が本文で書いたような「間違い」という言い方は、いささか見当違いであったかもしれません。が、やはり、「ハル」の表現方法を知っている者からすると、少なからぬ違和感を感じてしまいます。

 それから、沙臣さまの後ろから2段落目の分析。この作品を賛辞している方のコメントに違和感を持つ自分を見直すとても良いヒントになりました。
 基本的には、僕は「参加」する側から(実際に参加したわけではありませんが)からのアプローチでこの作品を評価してしまうだけで(そういう意味で、一点突破型アプローチという自分自身の分析も、あながち的はずれではなかったかと思いますが)、逆の視点、特に、映画館にきている大多数の層たる「2ちゃん」とは、基本的に接点の薄い方達側からのアプローチ、すなわち「観る」側からのアプローチに対して、あまり思い至らなかったようです。
 この辺は、いくつかの批評ブログを見て、「なぜ? そこを賛辞するのだろうか?」という、すれ違いのような感覚の原因であったのかもしれません。



 以上、コメントのお礼も含めて、いただいたコメントの感想などを書かせていただきました。



 それから、沙臣さまのコメントに付加するのも変ですが、この一連の、我がBlog始まって以来の活況(!)に対する総括として…。

 まず、個人的には、その意見はおかしいと、たたかれることは、それほど苦痛ではありません(初見から30分ほどは、少々落ち込みますが^^;)。ただ、感情の発露だけを書かれることは、いささか対処のしようがなく、というより、自分の中でのいいわけを作る余地がなく(あるいは、ありすぎて)困ってしまいます(徹底的にたたき返すことも可能ですが、それは、非生産的であまり好きではありませんので、「詳しく」意見を求める返答にしております)。

 反論で長文を書かれることを嫌うブログ主の方もいらっしゃるようですが、僕自身は「論理的」な文章であれば、多少の長文でも意見を聞かせていただけるのは、うれしく思っております。

 名無しさまに対するコメントで書いた「ローカルディスクに云々」というのは、「非論理的・感情的」書き込みにいちいち対応するのは面倒だから、消してしまえという意味です。
 ですから、自分の考え方を整理・分析するために役に立つ秋子さまや、沙臣さまのような書き込みであれば、分析・賛意だけではなく、批判でも、非常に興味深く読ませていただきますので、ご遠慮なさらぬようお願いします。

 ということで、また、ぼちぼちと、「的はずれ」で「評論家気取り」の、文章をアップしていこうと思います。
 どうかネットの片隅の偏屈者の「趣味」と、ご容赦ください。

 ではでは。
2005/07/18(月) 12:27:27 | URL | Jey-c #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。