FC2ブログ
駄目オタ徒然草
 レビューを中心にご覧になりたい方は、カテゴリーの月別インデックスをクリックすれば、一覧表示が見られます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「角じゃなくカチューシャ」(アニメ評:成恵の世界)
「成恵の世界」全12話 スタジオ・ライブ
監督:森田浩光 原作:丸川トモヒロ

 最初の設定を見たときに思ったのが、現代版「うる星やつら」か?。ヒロインの七瀬成恵は宇宙人(正確には、宇宙人と地球人のハーフ)で、飛べはしないが、テレポートができる。電撃はできないが、バットで殴れる(?)。トラ縞ビキニではないが、今時のミニスカセーラー服で、サービスカット満載…。主人公の飯塚和人君にベタ惚れ。
 当ててる声優が能登麻美子とくれば、オタク心をわしづかみ…の、はずなんですが…。

 実際に、おもしろいとは、思った。この物語では「うる星」のように、不毛なおいかけっこを無限ループのごとく繰り返すのではなく、成恵が和人に惚れ、二人の仲が徐々に深まっていくというドラマがちゃんとある。二人の間には、宇宙人と地球人という人種(?)の壁(それ以上に、一般人とヲタクと言う壁の方が大きいんだが^^;)があるが、徐々にお互いを理解していくというプロセスを、12話の中でまったりと見せている。
 この物語のキーワードは「相互理解」。成恵が和人に惚れるのも、和人が「宇宙人だって関係ない」と、成恵に告げることにある。成恵とその姉(腹違いで、長距離光速度飛行によって「惑星日本」からやってきたため、ウラシマ効果で成恵より年下)も、当初父を巡る葛藤から、すれ違っていたが、やがてひょんなことからうち解ける。成恵とはじめちゃん(成恵の友達)、はじめちゃんと正樹(はじめの幼なじみで、和人の親友)、それに、護衛艦榛名と、旅館の若旦那(何を言ってるかわからないと思うが、とりあえずみればわかる)。
 とにかく、この物語は、相互理解によって、だんだんと人の輪が広がっていく「成恵の世界」を、じっくりと、時間をかけて見せる、穏やかで優しいドラマづくりをしているといえる。
 また、あの庶民派ボイス(と、私は思っているのだが…)の能登麻美子が、このしょぼくれた(貧乏で、けちな)ヒロインをうまく演じている。
 オープニングのアニメも力が入っている。主題歌もいい!

 が、本編の作画がめろめろです…(言語道断!)。

 第1話や、途中何話か、確かにそれなりにいい作画の回もあったのだが、はじめちゃんと成恵がうち解ける話、リンちゃん(機族とよばれるサイボーグみたいな…)が絡む話なんか、ストーリーのポイントになる話なのに本当に原画からしてめちゃくちゃ…。比較的ましだったのは、成恵の両親のなれそめの話だったりするが、それでも、平均点つけられるのがやっと…。
 最終話は、ホントに大事なエピソードなのに、あれでは…。

 実際、作画をちゃんとしたところがやれば、もっと話題になって、人気も出たはず。
 何で、こんなことになったかなぁ~。
 ちなみに、原作があるが、話の作り方は、原作よりもアニメの方がしっかりしている。原作の方は、和人のオタっぷりが強調されすぎて、正直痛かったりするのだけれど、アニメの方ではオタっぽい位ですんでいて(まあ、1回、とんでもないオタっぷりを披露するエピソードがあるんですが…)、たぶん、成恵が惚れることにそれほど違和感はないし、よけいなエピソードが少なく、和人と出会ってから、閉じていた「成恵の世界」が徐々に広がっていくドラマが寄り道せずにうまく描けている。

 それだけに、あの作画は、返す返すも残念!

 現在、Yahooプレミアム会員や、YahooBB加入者は、無料で全話見ることができるので(Yahooトップページ→動画→アニメ)、興味があれば、是非!
 とりあえず、あれた作画に目をつぶりつつ、物語を味わえる忍耐力のある人にはお勧め。

----------------------------------------------------------

ごめん、Yahooの動画放送、終わってました><
探した人いたら、陳謝。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。