fc2ブログ
駄目オタ徒然草
 レビューを中心にご覧になりたい方は、カテゴリーの月別インデックスをクリックすれば、一覧表示が見られます。
「13時間は修行と思え!」(映画評:機動戦艦ナデシコ)
「劇場版 機動戦艦ナデシコ」東宝配給
監督:佐藤竜雄


 久しぶりの映画評。と言っても、DVDで見たものなので、劇場のニュアンスは伝えられないかもしれない点は、ご了承を。
 ちなみに、ナデシコをご存じない方でも「劇場版」とあることからわかるように、この作品にはテレビ版が存在する。で、テレビ版がある場合の映画化というのには、いくつかのパターンがあることもまた、ご存じの通り。具体的には、(1)テレビ版のダイジェスト(機動戦士ガンダム三部作など)、(2)テレビ版のリメイク(ラーゼフォン・エスカフローネなど)、(3)テレビ版の設定を使った新エピソード(うる星やつら・ルパン三世・ハム太郎・ドラえもんなど)、(4)テレビ版の後日談・同窓会・続編(鋼の錬金術師・ガンダムWなど)と、いったところ。
 で、この機動戦艦ナデシコは(4)のパターン、つまり、後日談に当たる。この後日談ものというのは、作り方によっては、いわゆる「一見さんお断り」状態になるのだが、このナデシコがまさにその典型的な作品。とにかくテレビシリーズを見ていないと、話の冒頭から全く訳がわからない状態になる。
 が、その作品自体のクオリティーがかなり高いため、この前提、つまり「テレビシリーズを見た」という人にとっては、かなり楽しめる内容になっている(ストーリー自体の好き嫌いはあると思うが…特に、テレビ版に愛着がある人にとっては)。

 で、このレビューは、一応、テレビ版を見たことを前提に話を進めることにする。そうしないと、本当に何もかけなくなってしまうから、これはご了承願いたい。
 ちなみに、私自身は、何度も書いたが、angelaのファンで、彼らが「ナデシコ」のトリビュート作品をこの夏にリリースするということから、あわてて、テレビシリーズを全話一気視聴したところ、まずまずおもしろかったので、映画版を見たと言う経緯がある。そして、正直テレビ版より映画版の方がおもしろかったと言うのが感想。ただ、テレビ版も、あの時代に、ああいう作品をテレビ放映したということだけで、拍手喝采だということは明記しておく。たぶん後日、テレビ版のレビューも書くつもりだが、まあ、予定ですから^^;。

 さて、物語は木星連合(木連)と、地球の戦争から3年の月日がたった時点から始まる。平和なはずの太陽系、その宇宙ステーションがいきなり狙われ、大戦闘になる。なにやらきな臭い計画が進行しているようだが、宇宙軍は重い腰を上げず、かつての戦争で活躍したナデシコ(実は後継艦のナデシコB)が調査にかり出されることになる。
 ここで、テレビ版の主人公天川明人と、ユリカの登場!…のはずが、明人と、ユリカはでてこず(というか、二人のお墓に、ユリカの父親がお参りしてるし!)、いきなりテレビシリーズ中、サブキャラの中でもっとも人気の高かった星野ルリが、試験戦艦ナデシコBの艦橋に現れ、画面に向かって「こんにちは」と、一礼するところから、スタートする。この演出はテレビシリーズを見ていた方には、秀逸だが、見てない人にとっては、いきなりで驚かれることだろう。とにかく、ナデシコはテレビシリーズの時から、画面の前の視聴者をいきなり画面に引きずり込むような演出をしていた。これは、監督、佐藤竜雄の十八番なのだが(ステルヴィアでもやっている)、いきなり劇場版のスクリーンからやられるとは思わなかったので、驚いた(まあ、今回、私の場合はモニターだったが、当時劇場で見ていた人にとっては、準備態勢が整う前のいきなりのジャブで、驚いたことだろう)。
 しかも、劇場版では、この星野ルリが主人公で、ナデシコの艦長(ちなみに、テレビ版でも艦内人気投票で艦長に選ばれる話があったが、そのときはルリは辞退している)。テレビ版の主人公とヒロインはいきなり蚊帳の外…、だけならまだしも、「お亡くなり」になってしまっている…。いや、えらく思い切ったことをするものです。これは、「こんにちは」ジャブに加えて、さらにワンツーを食らったようなものだ。
 調査に向かったその先の宇宙ステーションでは、宇宙軍と統合軍の板挟みで損な役回りをさせられても、淡々と任務をこなすルリ。けなげです…。ところが調査中に、謎の機動兵器の襲来。戦闘になるが、宇宙軍所属のナデシコは、統合軍の戦闘には加われず、傍観状態。ステーション内にいた、ルリはコンピューターの暴走で、画面一杯に表示される「OTIKA」の文字に「はっ!」としてあわてて避難民を引き連れナデシコに帰還。
 大立ち回りを演じる黒い機動兵器は、ステーション内の何かを狙っているらしく、その友軍戦艦と連携して、見事な陽動をし、まんまとステーション内に進入。たった一人、その陽動に気づき追いかけてきたのはかつてのナデシコのクルーで機動兵器エステバリスのパイロットリョーコ。
 何事かに気づいたルリは、追いかけたリョーコに頼んで、黒い機動兵器(ブラックサレナ)と通信を試みる。ブラックサレナのパイロットは「みたいなら、ついてこい」とだけいって、ステーション内の秘密ブロックに進入する。追いかけるリョーコ機、進入路を進むにつれて、リョーコの表情が豹変する「なんなんだよ! これは!」絶叫し取り乱すリョーコ。そこで見たものは、かつて火星にあった遺跡。そして、その下には旧ナデシコが…。
 ここで、今回のラスボス「北辰」操る機動兵器出現、「女の前で死ぬか?」とブラックサレナのパイロットに。女とは、リョーコではなく…、そして、遺跡がつぼみが開花するように開くその中に…、何かに気づくリョーコ。覚悟していた自体にこわばるルリ。そう、そこには…、そして、ブラックサレナのパイロットは…。(あとは、映画を見よ!)

 この佐藤竜雄という監督は、「活劇」のなんたるかを、よく理解し、非常にエンターテインメント性のある作品を作る人なのだなぁと、改めて感心。
 ここまで、ストーリーをもってくるのに、この勢いで情報量を盛り込みつつ、単なる説明に終わるわけではなく、ちゃんと見せ場を作っている。もちろん、視聴者がテレビで培った共通理解があることを前提に、思い切って、テレビ視聴者以外を切り捨てる潔さも見事。
 確かに、「映画で、初見の人を切り捨てるのはいかがなものか?」という批判はあると思われるが、そんなことをいったら、スターウォーズシリーズや、スタートレックシリーズの存在意義さえ否定してしまうことになるから、この批判は的はずれ。

 さらに、テレビシリーズで語られたルリのバックボーンを崩すことなく、そして、テレビシリーズの視聴者なら誰もが納得する二代目ナデシコ艦長に就任させ、物語の連続から生まれる必然性を、そのまま、サプライズの緩衝剤(テレビ版視聴者からすると、あまりにも旧主人公を取り巻くシチュエーションが変化しすぎているにもかかわらず、ルリの存在がすべてを引き受けて、すべてをつなぐ中心になっている)としてもちいている点も、見事としかいいようがない。
 率直な感想をいえば、最初に述べた映画版作成パターン(4)の方法論としては、ほぼ完璧なのではないだろうか?
 もちろん、作品の"絵としての"クオリティーがダメなら、端から問題外なのだが、この作品は、劇場に耐えうるだけの緻密な作画、美しい動画で作成されている(イノセンスのIGが絡んでいることを、視聴後に確認。なるほど納得)。

 この作品を見るためだけに、30分×26話、計13時間を費やして、テレビ版を全話視聴しても、もったいないとは思えない。それだけのクオリティーの作品だと思う。テレビ版を全視聴する根性のある人「必見」!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック