fc2ブログ
駄目オタ徒然草
 レビューを中心にご覧になりたい方は、カテゴリーの月別インデックスをクリックすれば、一覧表示が見られます。
「もう、おなかいっぱい!」(アニメ評:藍より青し)
「藍より青し」(DVD全8巻)
 原作:文月晃 監督:下田正美
 3月17日全話視聴終了

 さて、全8巻。24話。見ました。

 正直、この設定、このストーリーで、耐えられたのが不思議なんですが…、というより、結構のめり込んで見ちゃいました。まあ、まんまと「記号」に共感させられたというのが正しいのかもしれません。

 まず、どこからつっこむかなんですが、とりあえず、設定ですね。これはもう、原作の段階の問題ですから、アニメにつっこんでも仕方ないんですが、それでもつっこまずに入られません。そもそも、原作が「ゲーム」だとばかり思って、見始めたんで、その後(1巻を見終わった後)に、漫画の原作があると聞き、漫画喫茶で最新刊まで一気読みして、唖然としてしまいました。
 まず、ヒロイン(群)ですが、(1)メインヒロインの属性が、幼なじみ・令嬢・献身・着物。(「おえっぷ」)。(2)ライバルヒロインの属性が、元気・外人・金髪・大学の同級生。(3)三番手が、メガネっ娘・どじっ娘・後輩・メイド服。(「ううっ、胸焼けが」)、(4)四番手が、妹属性・ハイソ・セーラー服。(5)オプション1が、御姉様・できる女性・ハイヒール(笑)。(6)オプション2が、幼女・日焼け・スクール水着(とほほ)。
 んで、ほかの必需品として「管理人さん・大家さん」「一つ屋根の下」「疑似ファミリー」「主人公の出自のトラウマ」「両親の死」
 さらには、主人公にはライバルと呼べる人がいない、一人勝ち状態。主人公は、選択に頭を悩ましても、ライバルを蹴落とすことに思いを巡らす必要はない。

 はい、どっから、どう見ても、いわゆる「ギャルゲー」のテキストを使っていますね。

 ストーリーだって、最初からヒロインと、主人公は相思相愛で、その関係をちょこちょこと障害がおそう。主人公が、少々のへまで選択肢を誤っても、ヒロインは、ひたすら「信じて」主人公を待っていてくれる…。

 さて、普通、これだけ並べられたら、引いちゃいますよね。いや、漫画の方は、正直引きつつ読んでたんですが、アニメの方は、思いの外引かずに見られたような気がします。
 何でだろう? と、今8巻まで見終わって、くらくらしている頭で考えていますが、どうも、演出の妙ではないかと…。というのも、アニメは原作のストーリーをかなり丁寧にトレースしているので、一部を除いてオリジナルストーリーや、エピソードは、ほとんどないんですね。入ってても、ホントに破綻のないような丁寧なシリーズ構成をしている(放映時期や、エピソードを並び替えたせいで、クリスマスが誕生日&七夕になったりしているが、それも違和感なく収まっている)。
 しかも、コミックで10巻程度の話数をかけて進めたストーリーを、24話で纏めているけど、全然駆け足に見えない。

 で、当たり前といえば、当たり前なんですが、監督はかなり、この原作を丁寧に読み込んでいるようです。原作でポイントとなった設定や、台詞(正確に、漫画の方のを覚えているわけではないですが)は、ちゃんとなぞっていますし、不要なギャグは排除し、漫画の方ではやや説明不足かな? というエピソードについては、ちゃんと背景を付け足して描いている。
 しかもですよ、ほんっと~~~~~に、感心したのは、原作では、薫(主人公)と、葵(ヒロイン)が、初めてキスをするエピソードが、繭(第4ヒロイン)登場&キスの直前だったので、薫が、(「ファーストキスが、葵ちゃんでよかった」)てなことを独白するシーンがあるんですが、アニメの方では、ヒロインを早く勢揃いさせるために、繭エピソードを先に持ってきちゃってるんですね。そうすると、このストーリーの中で、かなり重要な意味を持つ薫の「ファーストキス」っていうのが、なんか、ぼやけちゃうんですね。でも、それ、モノの見事に最終話で処理しちゃってるんですよ。思わず「あっ!」って、言っちゃいましたモノ^^;
 ホントにうまいや、この演出。

 また、キャスティングがすごいですね。単に売れっ子だからとか、タレントとして売るためとか、そういう意味での選び方は、全然していないようです。キャラクターと声の違和感が、ここまでないキャスティングは、正直なかなか見あたりません。
 動画のクオリティーも、まず問題ないレベルでしょう。

 というわけで、8巻見終わって、いえることは、上で書いた設定に、ドン引きにならない耐性を持っている人ならば、これ、おもしろいですよ。

 原作は、まだ続いてますが、多分10巻くらいかな、の部分までアニメで描かれてます。多分ここで、「Fin.」にするだろうなってところで、きれいに纏めていますし、続編を作れるようないい感じの終わり方をしています(OVAで、続編出たようです)。

 表題には、「満腹」なんて書きましたが、「別腹」にまだ入りそうです^^;

 そんなわけで、引き続き、この続編「藍より青し~縁~」を見ることにしました。
 いよいよ、ティナがクローズアップされるエピソードが見られるか?(それかっ!>俺w)

-------------------------------------------------------

 追伸、原作は無意味に女の子の裸が出てくるエロ漫画です^^;。一方、このアニメはテレビ(フジ)で、放映されたモノですから、露出は少な目ですね。その辺、物足りない人は、足りないかも^^;
 個人的には、アニメの程度でいいと思うんですが…。ちょっと心配なのは、続編がOVAだから、はっちゃけちゃうんじゃないかと…。
 まあ、監督が替わらないので、大丈夫だとは思いますが…。


ネットで調べたら、続編のテレビ放送自体は、しているみたいですね。ただ、放送局がキー局ではなくて、いわゆる地方UHB局なんで、OVA扱いでもいいでしょうか?^^;
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック